アロマテラピーとは?

植物のもつ芳香物質である精油(エッセンシャルオイル)の力を借りて、心や身体のトラブルを穏やかに癒し、

健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法です。

アロマテラピーは植物から抽出された精油を様々な方法で利用します。

嗅覚を通して大脳辺縁系や脳幹に働きかけることで、ストレスを軽減したり、

リラックスしたり、元気になったりという心理効果が期待できます。

また、精油を希釈した植物油を皮膚に塗布したり、呼吸によって肺に入り込んだ精油成分が

血液中に取り込まれ体内を巡ることで、様々な組織の自己治癒力を高める助けをします。

このような働きにより身体と精神の不調を改善してバランスを取ることで、

健康増進や美容などにも役立てることができます。

アロマテラピーのはじまり

アロマテラピーという言葉が初めて使われたのは20世紀初頭のことでした。

フランス人の化学者ガットフォセが実験中の事故で火傷を負い、とっさに目の前にあった

ラベンダーの精油をかけたところ、みるみる回復し彼自身を驚かせたといいます。

自らの体験から、彼はこの自然療法を

「アロマテラピー(Aromatherapy)」と名付けました。

アロマ(Aroma)は芳香、テラピー(Therapy)は療法という意味です。

植物の香りの成分は数千年もの間、古くは古代エジプト以前から薫香や浸剤のかたちで治療にも使われてきました。

精油(エッセンシャルオイル)の正体

精油(エッセンシャルオイル)は、植物の花・葉・果皮・樹皮・根・種子・樹脂などから抽出した天然の素材です。

有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質です。

精油は、各植物によって特有の香りと機能をもち、アロマテラピーの基本となるものです。

植物から採れる精油の量は非常に少なく、希少価値があります。

例えば、1キロの精油を抽出するにはラベンダーの花は150キロ、ローズではバラの花弁を3トンも必要とします。